B-1グランプリの有望株 勝浦式タンタンメンを食すプチツーリング

千葉県に転居してきたらやはりツーリングは房総方面!
 
今回は、B-1グランプリ 関東大会で2位に輝いた、千葉3代御当地ラーメンの一つ
勝浦式タンタンメンを食すツーリングに出掛けました!
 

 
9月19日
朝 6時30分 とりあえず九十九里方面に向かう。
さすがに日曜の7時前だけあっていつも大渋滞の国道357も14もスイスイ。
ここで色気が出て、これなら高速乗ること無いじゃん!という考えで、後からくるKobaに言わずに下道で行く事に。
 
しかし!
いまいち馴れない千葉の道、八街あたりで見事に迷いまして、Kobaからインカム越しに「こっち行くと成田ってかいてあるよ」 「道分かんなくなったんだろ!おたくが高速乗らないだからだよ!」 と興奮してる様子。
とりあえず、コンビニで朝食を買いながら検討する事に。
 
なんとか家を出てから2時間かかって片貝に到着。
ここから千葉県内ではお勧めロードの一つ、九十九里有料道路を通る。

 
この道路、片貝から乗って前半戦のほうが海が見えてお勧め。
(白子ぐらいから先は防風林で海見えず)
 
そのまま外房黒潮ラインと呼ばれる国道128を南下し、勝浦市内に。
三大朝市の一つ勝浦朝市を見学。

いつもTVに出ている、紫ヘアーのオバチャン(Koba曰く、「おたくのサッチー(Tommyのお袋 野村佐知代似) タイプだね」だって。言ってくれるじゃん!)の出店でウルメ鰯を500円で山盛り買い、御目当ての大多喜街道をかなり登ったところにあるツーリングマップルにも載っている、元祖勝浦式タンタンメンの噂の高いはらだという店に向かう。
 
またまた、しかし!
何回、地図の場所を通ってもそれらしき店は見当たらず。
(帰宅後調べたら、国道を少し入ったところ。それにしても気配すら感じなかった。)
しょうがないから、目に入った松野屋という中華屋さんに入店。
ここも中々の人気店らしく、数人並んでいました。

 
この勝浦式タンタンメン、ラー油で辛さを出していて、普通のタンタンメンとはちょっと違う。
我が家では、普通の醤油タイプのタンタンメンと味噌タンタンメンを頼む。
Koba曰く、醤油のの方はどちらかというとラー油のとがった辛さだが、味噌のほうがコクがあるとの事。(随分、グルメ番組見てるコメントだね~)
とにかく、くせになる美味さです。
 
この後、そのまま大多喜街道を北上し、大多喜城を攻める。

 
大多喜ではやたら本多忠勝を推しているが、実際本多家が統治したのは分家を含め27年間らしい。やはり家康の過ぎたる物と武田軍から言われた徳川四天王の1人を推し出したほうが知名度的にも良いからでしょうか?
 
城の方は城マニアのいう模擬天守というもので実際に建っていた形かどうかは不明みたいです。(地元の研究家の中でも諸説あるらしい)
 
大多喜から、国道297を一気に北上、蘇我より高速に乗り3時に帰宅。
大多喜より小1時間。
今までは、勝浦まで行くとかなり本格的なツーリングのつもりでしたが、今回はタイトルの様にプチツー感覚で帰って来れました。
 
本日の走行距離  約180km
 
 

コメント

非公開コメント

プロフィール

tommystyle19621215

ヤフーブログより引っ越してきました!
千葉県住在。夫婦でGSR250&バーグマン200を駆って主に房総を走ってます!
千葉ロッテマリーンズも応援しています!
宜しくお願いします!